2018年07月17日

更年期は何歳ごろから?  えぞ式 すーすー茶10%オフお試しコースで注文!!!





更年期に入るのは大体何歳ごろから?

更年期障害は一般的に「閉経」を迎えるころに発症することが多いです。

女性は45歳~56歳くらいに女性ホルモンであるエストロゲン分泌量は次第に減少し、閉経の前後には急激に低下します。



閉経の時期は個人差があるものの50歳前後が一般的であり、この時期の前後10年に更年期障害を経験する人が多いとされています。

つまり40代半ば~50代半ばが「更年期」と言われる期間になります。

しかし個人差があるので早い人だと30歳を過ぎたあたりで体の不調が出ることもありますし、60歳を過ぎてから更年期障害のトラブルが出ることもあります。



更年期障害は絶対的に避けることは難しいものの、サプリメントなどを利用してうまく付き合うことはできます。



ミドリムシサプリメントにはカルシウム・マグネシウム・亜鉛・リン・鉄などといった豊富なミネラルが含まれており、自律神経を整える作用にも期待できます。

特に一日のカバー量が多い栄養素としては、鉄・カルシウム・亜鉛があり、更年期障害に起こりやすい貧血やたちくらみ、イライラといった症状の改善にも期待できるでしょう。



posted by ぽっぽっぽ at 23:39| Comment(0) | 更年期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。