2018年10月14日

 メンタルヘルス   フィトリフト オールインワンゲル 





●メンタルヘルスとは?

イメージメンタルヘルスとは「心の健康」のことであり、特別な精神疾患を患う人の問題だけに限定されるものではない。心の病気にかかっていなければ健康であるとは、必ずしも言い切れないからだ。「心が健康である」とは、前向きな気持ちを安定的に保ち、意欲的な姿勢で環境(職場)に適応することができ、イキイキとした生活を送れる状態のことである。

しかし近年、職場を取り巻く環境が大きく変化し、複雑な人間関係や長時間労働などのストレスによって、メンタルヘルスに不調をきたす人が増えている。そのため企業には、多様なストレスを最小にできるよう、従業員が抱える問題に焦点をあて、解決支援に取り組むことが求められている。

●メンタルヘルスと過重労働

メンタルへルス不調者が出ると、業務に支障が生じるだけではない。長時間労働などが原因で従業員が精神疾患に罹患し、会社の過失が認められると、損害賠償責任を問われることになる。リスク管理の点からも、非常に大きな問題と言えるだろう。

実際、長時間労働などによる過重労働がメンタルヘルス不調の発症原因(促進要因)になっていると、以前から指摘されている。労災の新しい認定基準でも、長時間労働を心理的負荷と捉え、うつ病発症の原因と考えるようになったため、留意が必要だ。例えば、発症直前の1ヵ月間に160時間を超える時間外労働があったなど、極度の長時間労働が認められれば、労災と認定される可能性がある。
posted by ぽっぽっぽ at 03:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください