2018年10月13日

 スキンケアとは  シミトリー  

薬用シミトリー
スキンケアとは

スキンケアとは一般的に、周囲に美しい印象を与えるすこやかな肌を保つために、主に基礎化粧品などを活用して行う、肌のお手入れのことを指します。

また、肌のお手入れに活用する基礎化粧品自体のことを指す場合もあります。

皮膚は大きく分けると、表皮・真皮・皮下組織の3つの層から成り立っています。
皮膚構造すこやかな肌とは、

① 表皮がうるおいで満たされ、キメが整っている
② 真皮がコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などで満ち、ハリがある
③ 皮下組織に適度な脂肪があり、ハリがある

状態のことを意味するとされますが、化粧品によるスキンケアは主に、目に見える皮膚の表面「表皮」のさらに外側「角質層」部分を、

“うるおいで満たされ、キメが整っている”状態に、基礎化粧品と生活習慣で整えることを役割としています。

次章からは、基礎化粧品と生活習慣で肌をすこやかに整えるスキンケアの手順や方法を、“スキンケアの基本”としてご紹介していきます。

1-2.スキンケアの基本の順番と役割
日々行うスキンケアは、基礎化粧品を適切な順番で使用することで、効率的にその魅力を実感することができます。

まずは、スキンケアにおける基本的な基礎化粧品の順番とその役割をご紹介します。
(使用する順番はメーカーによって異なる場合があるため、メーカー指定の順番を確認してから使用しましょう)

朝のスキンケアの順番と役割
メイク前 スキンケア慌ただしくスキンケアをつい簡易にしてしまいがちな朝ですが、丁寧な基礎化粧品でのスキンケアがその日のメイクの仕上がりを左右します。

あらためて、スキンケアの順番と役割を見直してみましょう。

①洗顔(朝のスキンケア)
40代 洗顔 方法 ポイント

眠っているうちに肌の上に重なったほこりや汗、皮脂など、水溶性の汚れを落とすために行います。

水のみの洗顔でもほこりや汗は十分落とせますが、皮脂は落としづらく、朝のスキンケアアイテムの肌なじみが悪くなる可能性があるため、なるべく洗顔料を活用することをおすすめします。

②化粧水(朝のスキンケア)
スキンケア 化粧水 女性

洗顔後の肌の角質層までうるおいを与え、すこやかに保つために使用します。洗顔後肌に重ねることで、その後に使用する基礎化粧品をなじみやすくし、メイクのノリをよくすることが期待できます。

③美容液(朝のスキンケア)
スキンケア

目的に応じてより効率的に肌を整えるために、通常のスキンケアアイテムに加えて使用します。
一般的に濃厚なテクスチャーの多い美容液ですが、朝はメイクに影響の少ないさらりとしたテクスチャーがおすすめです。

夜の美容液と使い分けても良いでしょう。

④乳液またはクリーム(朝のスキンケア)
敏感肌

油分を与えて肌を整え、水分の蒸発を防ぐために、お手入れの最後に使用します。

皮脂量が多くなりがちな肌質の方は、④までのお手入れで十分に肌がうるおっていれば、使用する必要がない場合もあります。

また、日中部分的にべたつきが気になると感じている方は、皮脂腺が多く皮脂量の増えやすいとされるTゾーンは避けるように使用しましょう。


posted by ぽっぽっぽ at 03:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老眼は。  イサゴール 





老眼は「目のレンズの役割をしている水晶体が加齢によって硬くなり、ピントを調節している毛様体筋という筋肉が、いくらがんばっても調節できなくなって、近くのものが見えにくくなる状態が続くこと」。こう解説するのは、スマイル眼科クリニック(横浜市)の岡野敬院長。

 どんな人にも老眼は起こる。早い人では40歳前後から、平均で45歳くらいになると見え方に何らかの変化が起きる。その後老眼は進み、視力が安定するのは60歳前後といわれる。

 日経ヘルスプルミエが実施した調査では、6割以上の人が「小さな字が読みにくくなって、初めて老眼を自覚した」と答えた。だが実際は、目が疲れる、しょぼしょぼする、夕方になると見づらくなるなどの症状から、すでに老眼は始まっている。「自分が老眼とは思わず、眼精疲労を訴えて受診し、老眼を指摘されるケースも多い」と梶田眼科(東京都港区)の梶田雅義院長は指摘する。

 逆に気づいていても「無理したらなんとか見える」と我慢して、老眼対策を先送りする人も多い。しかし、老眼状態を長い時間放置していると「肩こり、頭痛、最悪の場合、吐き気といった症状が起こることもある」(梶田院長)。



 早く老眼対策をすると余計に老眼が進むのでは、と不安に思うかもしれないが、その心配はない。むしろ現代人は、「我慢せずに早めに対策をし、不要な目の負担を減らすほうがいい」と岡野院長は説明する。

 老眼用のメガネとコンタクトにはそれぞれ長所と短所があるが「目への負担の軽さや安定感から考えると、第一選択は遠近両用メガネ」と岡野院長は言う。

 遠近両用メガネはその見え方に慣れる必要があるため、老眼が進んでから初めて使うと「度の強いレンズ」の見え方に体が慣れるまでに余計に時間がかかってしまう。「度の弱いレンズから始めるほうが楽」(岡野院長)との意味でも、早い老眼対策がお薦めだ。
posted by ぽっぽっぽ at 03:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

 ツヤ髪に。  肌ナチュール リッチモイストクレンジング 



髪の毛がサラサラ・ツヤツヤじゃない主な髪質
特にパーマー・カラーやブリーチをしていない場合で、

髪がサラサラ・ツヤツヤではない人は、生まれつき

乾燥毛
くせ毛
である場合が多いです。

この場合は毎日のケアやアイテム、美容室に行くことでサラサラ・ツヤツヤの髪質を簡単に手に入れることができるようになります。

元々サラサラ・ツヤツヤだったのに、そうでなくなった場合は、次のやってはいけないNGな事を参考に照らし合わせてみましょう。



髪がサラツヤにならないNGなこと
元々、髪がサラサラ・ツヤツヤだったのにサラツヤにならなくなった方は、

以下のようなことがないかチェックしましょう。

極度の睡眠不足
極端な栄養の偏り
常に帽子をかぶっている
頻繁なカラー・ブリーチ・パーマなど
髪の毛を洗わずに寝る
ワックスなど整髪料を洗い流しきれていない
爪を立てて髪をガシガシ洗う
シャンプーなど洗い流しきれてない
トリートメントなどの付けすぎ
タオルドライで擦るように髪を乾かしている
ドライヤーで髪を乾かさずに寝る
posted by ぽっぽっぽ at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。