2018年10月30日

亜鉛が・・・    



亜鉛が足りなくなる原因は?
偏った食事や、極端なダイエットにより亜鉛の摂取量が不足していると近年指摘されています。

亜鉛は肉類や魚介類などに多く含まれています。また、食物繊維や青菜に含まれるシュウ酸は亜鉛の吸収を阻害するため、肉類や魚介類を食べないベジタリアン、ビーガンなどは不足しやすいミネラルと言われています。

亜鉛の摂取量不足だけでなく、亜鉛の吸収を阻害する食品添加物(ポリリン酸など)を含む加工食品やレトルト食品を多く利用することも、亜鉛不足を招きます。

さらに、お酒をよく飲む方も注意が必要です。アルコールの代謝に関わる酵素は、亜鉛を材料としています。お酒を飲むことで体内の亜鉛が使用されるだけでなく、アルコールは尿中への亜鉛の排泄を促します。

実はアスリート・スポーツ選手に多い亜鉛不足
亜鉛は汗や尿から排泄されるため、実はアスリート・スポーツ選手では不足しやすい栄養素です。
スポーツで引き起こされる貧血をスポーツ貧血と呼びますが、その中の一つに亜鉛欠乏性貧血があります。

症状は風邪を引きやすい、疲れやすい、集中力が下がるなどで、パフォーマンスの低下を招く可能性があるため、より注意が必要です。

解消するには
亜鉛は全ての細胞に含まれるので、肉・魚介・種実・穀類など多くの食品に含まれています。
特に多いものとしては牡蠣、あわび、たらばがに、するめ、豚レバー、牛肉、卵、チーズ、高野豆腐、納豆、えんどう豆、切干大根、アーモンド、落花生などです。

偏食や極端なダイエットを避け、一汁三菜のような食事を摂ると、亜鉛は十分量摂取できます。忙しい毎日では加工食品やレトルト食品を利用することもあるでしょうが、そこへ何か一品自炊するなど工夫をすることも大切です。

また、お酒好きな方は適正量を守ることと、おつまみに亜鉛を多く含む肉や魚、大豆製品、ナッツ類を使用したものを選びましょう。

亜鉛を失いやすい抗菌剤や利尿剤を常用している場合は、医師との相談も必要です。
鉄を多く摂ると亜鉛の吸収が阻害され、亜鉛を多く摂ると銅の吸収を阻害するので、他のミネラルとのバランスも必要です。

通常の食生活では過剰の心配はありませんが、摂りすぎると頭痛などの症状が表れることがあります。


posted by ぽっぽっぽ at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

食物繊維とは。    Volstar Beyond



食物繊維とは

 食物繊維とは、人の消化酵素では消化することのできない食べ物の中の成分です。小麦ふすまに含まれるセルロースに代表される水に溶けない不溶性食物繊維と、果物に含まれるペクチンに代表される水に溶ける水溶性食物繊維とがあり、これらを合計したものが食物繊維(総)量です。

どんな働きがあるのですか
 食物繊維は、便の量を増やして便秘を防ぐほか、最近では、心筋梗塞、糖尿病、肥満などの生活習慣病の予防に役立つこともわかってきています。

どんな食品に多く含まれていますか
 食物繊維は、不溶性・水溶性の種類によって健康への働きが異なるため、いろいろな食品を組み合わせることが上手にとるコツです。食物繊維の多い食品は、穀物、いも、豆、野菜、果物、きのこ、海藻などです。毎食欠かさず食物繊維の多い食品を食べましょう。

<穀物> 白米に麦を混ぜて麦ごはんにしたり、胚芽米や分づき米も有効です。パンやシリアルには、ふすま入りや全粒粉を使って食物繊維を増やしたものもあります。
<いも> さつまいもやこんにゃくは、食物繊維が豊富です。こんにゃくは、ほとんど消化されないのでエネルギーが非常に少ない食品でもあります。
<豆> 煮豆やおからなどを常備菜にしておくといつでも食べられます。おからにも食物繊維がたっぷり含まれています。
<野菜> 加熱するとカサが減ってたくさん食べられます。汁物に入れて具だくさんにすると、手軽に食物繊維がとれます。
<果物> 外食が続くなどして野菜のとりにくい時には、食物繊維が不足しがちです。そんな時には果物がおすすめです。
<海藻・きのこ> 食物繊維が多く、エネルギーはとても少ない食品です。
posted by ぽっぽっぽ at 01:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カリウムとは。 PG2 MARINE RICH 

PG2 MARINE RICH マリーンリッチ

カリウムとは

 カリウムは、私たちの体内ではほとんどが細胞内液に存在しています。近年、カリウムの摂取量を増やすことによって、血圧の低下、脳卒中の予防、骨密度の増加につながることがわかってきました。

どんな働きがあるのですか
 カリウムは、細胞の外液に存在するナトリウムとバランスをとりながら、細胞を正常に保ったり、血圧を調整したりして、常に一定したよい体内の状態(恒常性)を維持するのに役立っています。ナトリウムはとり過ぎると高血圧の一因になりますが、その一方でカリウムは血圧を下げる働きがあります。

どんな食品に多く含まれていますか
 カリウムは、ほとんどの細胞の中に存在することから広く食品に含まれますが、特にバナナ、メロン、アボカドなどの果実類、ほうれん草などの野菜類、さつまいもなどのいも類、大豆や小豆などの豆類、魚類、肉類に多く含まれています。
posted by ぽっぽっぽ at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。